肝臓がんを患って〜退院後〜

退院後は体を動かさないでいると他の機能が低下してしまう恐れがあります。


ただし肝硬変が悪化したりするので激しい運動は避けるようにしましょう。


食事は高たんぱく、高カロリーでビタミンやミネラルが含まれるものをとることが必要です。


これは極端に偏った食事を避ければ大丈夫でしょう。


また、お酒や塩分を控えるようにしましょう。


アルコールの飲みすぎは肝臓に負担をかけます。


塩分を抑えると味が薄くなりますがレモンや酢などを上手に使って調理するように心がけると良いでしょう。


精神的にイライラがつのって眠れなくなる場合があります。


しかし睡眠は療養には欠かせません。


睡眠剤や鎮痛剤などを利用しても良いので十分な睡眠をとるよう心がけましょう。



肝臓がんの再発


手術をしても残念ながら微細な癌が残っている可能性はこの肝臓がんにはあります。


再発の時期は手術してから3ヶ月以内もしくは半年〜1年以内に起こる場合があります。


1ヶ月に1度は検診を受けるように気をつけましょう。
| がん

肝臓がんの手術後

手術後
呼吸や循環系が不安定になるためチューブ類がつけられたり、肝切除によって肝機能の低下によって水分のバランスのチェックが重要になります。


ドレーンから廃液に濁りがなくなり、発熱や腸閉塞の経口がなければ肝臓が回復に向かっています。


ドレーンを抜くまでにはおよそ3日かかりますが、肝硬変がある場合は2〜3週間ほどかかるでしょう。


10日〜15日で退院はできるようになりますが1ヶ月以上は自宅での療養が必要になるでしょう。


できるだけ肝臓に血液がいきわたるように心身を安静にすることが大切です。


しかし手術後は様々な身体的、精神的な苦痛がたまるようになりますので気をつけましょう。


とくに肝機能が著しく低下するので倦怠感や、不眠が続くためイライラが続きます。


うまくストレスを解消するためにリラックスしたりしましょう。


他にも気がかりになっていることは医師に相談するなど身体の安静がたもてるように心がけましょう。
| がん

肝臓がんの発見

肝臓がんの発見方法
肝臓がんは肝硬変を検査していると不運か幸運かついでにはっけんされてしまいます。


これらの疾患を患っている方はCTスキャンや腫瘍マーカー検査などをうけなくてはなりません。


定期検診は肝炎ウィルスに感染している程度であれば1年に1度


他にも肝炎を患っているときは半年に1度検診を受ける必要があります。


肝臓でなくても腫瘍マーカーテストでひっかかった場合は3ヶ月に一度検診を受ける必要があるでしょう。


肝臓を発見する手法として以下の方法があります。


CTスキャン、腹部超音波検査、血管造影検査、腫瘍マーカー検査、肝機能検査な
特にCTスキャンは肝細胞癌の診断に適しています。


腹部超音波検査では痛みが供ないため繰り返し何度も行うことができます。


血管造影では微細な肝細胞がんの発見に有効な方法です。


肝機能検査では肝臓に障害が出ていないかを知る手段として有効です。
| がん

肝臓がんの症状

肝臓は極めて抵抗力の高い臓器です。


これにより沈黙の臓器とよばれるほどです。


肝臓がんでは発生初期にはほとんど症状は見られません。しかし栄養代謝能力の低下により乳酸が蓄積してくると疲れが取れなくて疲労がたまってきて倦怠感をかんじることがあります。


また、腹痛や食欲不振、お腹が減るといったこともあります。


さらに栄養状態の異常から体重が急激に減るということがあるでしょう。


これは慢性肝炎の状態の時にも見られる症状ですが、肝臓がんが原因となっている場合もありますので注意してください。
 さらにはみぞおちにしこりをかんじるようになり肝組織全体の機能が低下し、黄疸をはじめ様々な異常が起こるようになります。


それは肝臓の中で生成される胆汁の色素成分が血流に乗って末梢組織に運ばれることによって皮膚の組織や粘膜を黄色く染めてしまうからです。


尿は赤褐色になり、便は灰色になっていきます。
| がん

肝臓がんについて

肝臓がんについて
 肝臓は約2500億の細胞でできています。


これは人体で最大の臓器です。


肝臓がんには原発性肝がんと他の臓器でがんになったものが浸潤して肝臓の中で大きくなる転移性肝がんがあります。


原発性肝がん

 肝臓がんのほとんどが肝細胞がんと胆管細胞癌であるといわれています。


原発性肝がんは正常な肝臓には発祥するこことは少なく、B型肝炎やCがた肝炎、肝硬変などをわずらっていると発生します。


肝臓がんは日本の癌死亡者の3番目です。


1年間に約2万人の人が亡くなっています。


それは年々増加しています。


女性は男性の5分の1しか発症していないのもこの肝臓がんの特徴といえるでしょう。


転移性肝がんは原発性肝がんの20倍も発生しています。


つまり肝臓がんのほとんどが他の臓器から浸潤してきた癌によって犯されているということになります