肝臓がんについて

肝臓がんについて
 肝臓は約2500億の細胞でできています。


これは人体で最大の臓器です。


肝臓がんには原発性肝がんと他の臓器でがんになったものが浸潤して肝臓の中で大きくなる転移性肝がんがあります。


原発性肝がん

 肝臓がんのほとんどが肝細胞がんと胆管細胞癌であるといわれています。


原発性肝がんは正常な肝臓には発祥するこことは少なく、B型肝炎やCがた肝炎、肝硬変などをわずらっていると発生します。


肝臓がんは日本の癌死亡者の3番目です。


1年間に約2万人の人が亡くなっています。


それは年々増加しています。


女性は男性の5分の1しか発症していないのもこの肝臓がんの特徴といえるでしょう。


転移性肝がんは原発性肝がんの20倍も発生しています。


つまり肝臓がんのほとんどが他の臓器から浸潤してきた癌によって犯されているということになります
この記事へのコメント

初めてのマ00チョはねっとり最高!!
たんまり突きまくって20満ゲトって、信じられんわ!!!
http://acmahsjfms.com/pre/-1c4g10/
Posted by トップガン at 2010年11月04日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3565014

この記事へのトラックバック

膀胱腫瘍
Excerpt: 無症候性血尿といって全く痛みなどの随伴症状を伴わない血尿の場合は尿路系の悪性腫瘍の可能性があります。すぐに泌尿器科の専門医をまず受診して下さい。
Weblog: ガン 癌 110番
Tracked: 2007-03-21 23:14