肝臓がんの症状

肝臓は極めて抵抗力の高い臓器です。


これにより沈黙の臓器とよばれるほどです。


肝臓がんでは発生初期にはほとんど症状は見られません。しかし栄養代謝能力の低下により乳酸が蓄積してくると疲れが取れなくて疲労がたまってきて倦怠感をかんじることがあります。


また、腹痛や食欲不振、お腹が減るといったこともあります。


さらに栄養状態の異常から体重が急激に減るということがあるでしょう。


これは慢性肝炎の状態の時にも見られる症状ですが、肝臓がんが原因となっている場合もありますので注意してください。
 さらにはみぞおちにしこりをかんじるようになり肝組織全体の機能が低下し、黄疸をはじめ様々な異常が起こるようになります。


それは肝臓の中で生成される胆汁の色素成分が血流に乗って末梢組織に運ばれることによって皮膚の組織や粘膜を黄色く染めてしまうからです。


尿は赤褐色になり、便は灰色になっていきます。
| がん