肝臓がんの発見

肝臓がんの発見方法
肝臓がんは肝硬変を検査していると不運か幸運かついでにはっけんされてしまいます。


これらの疾患を患っている方はCTスキャンや腫瘍マーカー検査などをうけなくてはなりません。


定期検診は肝炎ウィルスに感染している程度であれば1年に1度


他にも肝炎を患っているときは半年に1度検診を受ける必要があります。


肝臓でなくても腫瘍マーカーテストでひっかかった場合は3ヶ月に一度検診を受ける必要があるでしょう。


肝臓を発見する手法として以下の方法があります。


CTスキャン、腹部超音波検査、血管造影検査、腫瘍マーカー検査、肝機能検査な
特にCTスキャンは肝細胞癌の診断に適しています。


腹部超音波検査では痛みが供ないため繰り返し何度も行うことができます。


血管造影では微細な肝細胞がんの発見に有効な方法です。


肝機能検査では肝臓に障害が出ていないかを知る手段として有効です。
| がん