肝臓がんの手術後

手術後
呼吸や循環系が不安定になるためチューブ類がつけられたり、肝切除によって肝機能の低下によって水分のバランスのチェックが重要になります。


ドレーンから廃液に濁りがなくなり、発熱や腸閉塞の経口がなければ肝臓が回復に向かっています。


ドレーンを抜くまでにはおよそ3日かかりますが、肝硬変がある場合は2〜3週間ほどかかるでしょう。


10日〜15日で退院はできるようになりますが1ヶ月以上は自宅での療養が必要になるでしょう。


できるだけ肝臓に血液がいきわたるように心身を安静にすることが大切です。


しかし手術後は様々な身体的、精神的な苦痛がたまるようになりますので気をつけましょう。


とくに肝機能が著しく低下するので倦怠感や、不眠が続くためイライラが続きます。


うまくストレスを解消するためにリラックスしたりしましょう。


他にも気がかりになっていることは医師に相談するなど身体の安静がたもてるように心がけましょう。
| がん